本文へスキップ

人と地域を愛する、心ゆたかな人材を育成



お問い合わせにつきましては、下記のTEL・FAX・E-mail宛てにご連絡下さい。

TEL 0154-68-5124(短大 教務・学生課直通)
0154-41-0131(学園代表)
FAX 0154-41-0322
E-mail kushirojc@midorigaoka.ac.jp

なお、 FAQ (よくあるご質問) のページにご不明な点について掲載されている場合もございますので、お問い合わせの前に是非一度ご覧下さい。

×
   

幼児教育学科Child Education

教育目標

本学科では、幼稚園教諭と保育士を養成しています。次代を担う子どもたちを教え育む幼稚園教諭も、福祉の最前線で家族を支え弱者とともに歩む保育士も、人とかかわることがその仕事の中心になります。

専門家としての知識や技術はもちろんですが、人間的な温かさ、深さ、強さがあってこそ、よい仕事ができるのです。ですから、免許や資格が取れるというのは、表面的な目標でしかありません。学生がそれらの仕事にふさわしい人間的な成長をとげ、社会に出てからも学び続ける意欲を持つことこそが、本学科の教育課程に込められた願いなのです。

本学科では、次の3つのことを大切にしながら教育を進めていきたいと考えています。

  1. 適切に自己を表現しながら、他者の自己表現にも共感できるような感性をとぎすますこと。
  2. 視野を広め、他者の幸福のために力を尽くす情熱と知性を高めること。
  3. 適性と能力に応じて、幼児教育や福祉の基本的な知識や技術を身につけること。

1 と 2 のために、少人数の学生同士や教員との人間的な触れ合いができる演習科目を開設し、また、人を理解し、社会に目を向け、自然に親しむための幅広い学びを、一般教育科目で提供しています。
専門科目のほとんどは 3 に関係が深いものです。

幼稚園教諭や保育士をめざす人は、それだけで既に、本学の建学の理念「 愛と奉仕 」と同じ方向を向いていると言えます。その素質を、さらに磨き上げることができるよう、願っています。


学びのポイント

  • 「幼稚園教諭2種免許」と「保育士資格」を取得できます
  • 幼稚園での「預かり保育」の実施や、幼稚園と保育園(法令上は保育所)の機能を統合する「幼保一体化」が進められようとしているなかで、幼稚園教諭と保育士のふたつの資格をもつことは、大きな強みになります。

  • 近隣の幼稚園や保育園で、たくさんの保育現場を体験
  • 附属幼稚園はもちろん、近隣の3カ所の幼稚園や保育園への見学をくりかえし実施。入学後の早い段階から、保育現場を経験し、子どもたちとふれあうことで、実践力を養います。

  • 附属幼稚園との連携により、保育ボランティアにも参加
  • 本学科の学生は、隣接する附属幼稚園との保育ボランティアにいつでも参加できます。子どもたちと接する機会を数多く用意することで、幼児教育のプロとしての実力が自然と育まれます。


教員からのメッセージ

「 いつでも卒業生の相談にのります 」・・・幼児教育学科 教授 岩野 布美子

保育者を目指す人には、保育技術や専門知識を獲得する以外に、周りとの良好な人間関係や子どもの手本となるまじめな姿勢が求められます。また、就職後には、多くの卒業生が「 就職1年目の壁 」と呼ばれる悩みに突き当たります。

仕事の多様さや責任の重さに戸惑い、未熟さを痛感する。それは真剣だからこそ直面する悩みであり、ひとりで解決できる問題でもありません。職場の上司や同僚、家族の協力や援助を受けながら、あせらず乗り越えて下さい。もちろん釧路短期大学も、いつでも卒業生の相談にのります。